• Thumbnail 3e153220d509bd7f84f5056688030a07

モノ

日本のミステリー小説登場人物索引 アンソロジー篇2001-2011

17,280

2012年5月刊 A5・710頁 定価(本体20,000円+税)
ISBN978-4-86140-018-6

●本書は本書は2001年(平成13年)~2011年(平成23年)の11年間に刊行された日本国内の作家のミステリー小説の珠玉篇ともいえるアンソロジー205冊に収録された小説作品1,866点に登場する主な登場人物のべ6,274人を採録した索引である。

●現在活躍中の東野圭吾、綾辻行人、有栖川有栖、宮部みゆき、法月綸太郎、若竹七海などや、乙一、伊坂幸太郎、七河釈南、深水黎一郎などの若手作家の作品を中心に、戦前の探偵雑誌シリーズや終戦後・昭和20年代に刊行された推理雑誌群の作品を集めて復刊されたアンソロジーに収録された日本のミステリー小説草創期の江戸川乱歩、甲賀三郎、横溝正史などや、松本清張、仁木悦子、鮎川哲也などの作品に登場する主な登場人物を採録した。

●作品中の登場人物については、探偵の青年久世弥勒、浜田青年、犯罪社会学者火村英生、江神二郎、民俗学者蓮丈那智、ジャズテナーサックス奏者永見緋太郎から明智小五郎・金田一耕助・星影竜三・帆村荘六など歴代の名探偵までミステリーファンには馴染みの人物を採録し、市井に生きる登場人物では、コンピュータオペレーターの青年、引籠もりの高校生、ストーカーやオレオレ詐欺の二人組、河川敷で暮らすホームレス、コーヒーチェーン店のアルバイト、教師、会社員、日雇い労働者、歌舞伎町で働く風俗嬢、インターネットの掲示板で親しくなった大学生から退役軍人、南方から復員した男、バスの女車掌、青年文士、タイピストの女性、浅草のレビウガールまでそれぞれの時代の多様な人々を採録。

    利用可能なお支払い方法

    • ・クレジットカード
    • ・コンビニ支払い(手数料:200円)

    この商品は現在販売しておりません