Thumbnail 909ef6727e65efbac3fcd3b9ee2b876e
  • Good0
  • Even0
  • Bad0
Thumbnail acd4fe39870ef2298d86b2a7113e6cdd
Thumbnail acd4fe39870ef2298d86b2a7113e6cdd
Thumbnail 80b2ca2ff365c1a5042db0dc237a7ca5
Thumbnail b66e5dc660a3fd33ba8819225e09112f
Thumbnail 4ce780ea90f8c072d4f13404c92cecfa
Thumbnail 1526dcf219ad49f9d098833f4ddf6fd6
Thumbnail 98512aa1bfa773323f0aa49e1ee1781d

ダウンロード

R用 k最近傍法(kNN)による回帰分析 プログラム・コード

980

データを準備するだけで、Rで回帰分析を行うためにk最近傍法(k-Nearest Neighbors, kNN)ができるプログラム・コードです。zipファイルをダウンロードして解凍してください。

このプログラムで実行される流れについては下のURLのページをご覧ください。
http://univprof.com/archives/16-12-25-9801690.html

このプログラムはcsvファイルによってデータのやり取りをします。csvファイルのデータ形式およびサンプルデータについては下のURLのページをご覧ください。
https://note.mu/univprof/n/n694487325cb1

プログラムを実行するときのR環境については下のURLのページをご覧ください。
https://note.mu/univprof/n/nb07629b23252

また下のURLのzipファイルもダウンロードして下さい。
http://univprofblog.html.xdomain.jp/code/R_scripts_functions.zip
解凍すると必要なスクリプトと関数があります(こちらは無料です)。解凍した後に、kNNのプログラムのディレクトリ(フォルダ)と同じところにすべてのファイルを置いてください。

あとは購入されたプログラムを実行するだけです。

計算終了後、自動的に結果が画面に出てきて、最後にdata_prediction2.csvの目的変数の予測値がPredictedY2.csvというファイルに保存されます。

  • 在庫数

    1

paymoの 利用規約プライバシーポリシー