Thumbnail e4bc22ee60a68089066932b5ae107b1a

市場環境、経営環境が激動する中、「当初計画していた業績が達成できない」、「業績が著しく低迷している」・・・といった温浴施設が増えてきています。いま、温浴業界は成長か衰退かの岐路に立っています。古い常識を捨て去らなければ、非常識な業績を上げることはできません。

信じられないような好結果を出している繁盛店は、まったく別の戦略・ルールで行動しているのです。

私どもは温浴ビジネスの総合プロデュース会社として、スーパー銭湯・温泉・サウナ・健康ランド・スパ・旅館・ホテルの事業の成功を応援しています。

このページからAnyPayを通じて株式会社アクトパスのデジタルコンテンツを購入することができます!

代表取締役 望月義尚
info2@aqutpas.com

もっと見る
  • Thumbnail 7dd0adbdb271b83931168c0b2d91e046
  • Thumbnail e20123fc72e3892b0b7a8c8d2967c777

サービス

受講料:温浴ビジネスの経営戦略セミナー 20170705開催分

25,000

「勝ち残る温浴施設の人と組織づくり」

◆セミナー企画主旨

 温浴ビジネスは多額の先行投資を必要とするため、装置産業と言われます。確かにハードが事業性に与える影響は大きいのですが、マーケットが成熟した結果、ハードだけで差別化することは限界となり運営力が問われる時代になりました。

運営力とは、簡単に言えば人材×ノウハウ×マネジメントです。どんな人を採用し、どう動かし、どう育成するか。それによって、施設が提供する環境やサービスのレベルが変わっていきます。

たとえハードの比較では見劣りしていても、ソフトの力でそれを逆転するという事例も全国には少なくありません。

そんなソフトの力がある温浴企業の中でも、私が知る限り最も高いレベルを目指して取り組んできたのは、花和楽の湯の新田社長です。

埼玉県の小川町に1号店「おがわ温泉花和楽の湯」がありますが、元々新田社長がすかいらーくグループにいたこともあって、マネジメントの考え方は外食チェーンで鍛えられたものでした。

続きは https://goo.gl/rFBzI6

  • 在庫数

    1

  • 利用期限

    2017年07月05日

利用可能なお支払い方法

  • ・クレジットカード